毛染めの危険性

ヘアカラー、毛染め、白髪染めの危険性を知る事が美しい髪への始まり!

私たちは一般的なヘアーカラー剤の危険性を理解した上で利用するか、やめるか、判断しなければいけません。
楽しむべきヘアーカラーファッションが一転して醜い結果(病気、カブレなど)を招きます。
安心して利用する場合は、少しでも安全なヘアーカラー(毛染め)へ換える事をお奨めします。
その為には、ヘアーカラー(毛染め)の現状を知る事が大切です。

2011年、EU諸国ではパラフェニレンジアミン(PPD)の発がんが立証され、全面禁止となりました。

1455162_558770507547931_850920975_n ❖危険な毛染め剤(ヘアカラー)の現実

サロンで毛染め、自宅で毛染め、また、白髪染めとヘアカラーはどれも基本的に同じものです。
よく美容室の毛染めは安全と言う話を聞きますが、基本は同じですから危険性も同じです。
最近、ヘアカラートリートメントとか多く出回っていて、安全性は高く感じますが、実際のところは安全性については問題があります。
髪を染めるものの殆んどは、危険性であると考えた方がいいと思います。

パッチテストを義務付けられていますが、実際は殆どの方、殆どの美容室は実行していないという現実がある為、安全性を高める為の対策が必要です。

危険な毛染め剤(ヘアカラー)の毒性

おしゃれのために、誰でも抵抗なく髪を染める時代になって来ています。
危険な化学物質が含まれていることを知らないまま、染毛剤を使用する機会が増えてきているためと言われ、挙句の果てに小児やペットまで染毛してしまう方が多くいます。
パーマよりヘアカラーの需要が高い今、染毛剤(ヘアカラー)は、非常に髪が傷むことはよく知られています。
髪が傷んでもいいから髪の色を変えたい、というのは個人の自由です。
ですが、染毛剤(ヘアカラー)は単に髪が傷むというだけではなく、強い毒性を持つ物質が何種類も含まれていて、健康に大きな影響が起こる可能性が高くあります。
カラー剤は、あなたが思っている以上に危険な美容薬剤だということを知るべきです。

“毛染めの危険性” の続きを読む